BIP印刷用ロゴ

当ビジネスITプランニング代表がこれまでのIT活用の経験を通じて得たコンセプトをご紹介します。

IT経営の実現

中小企業を訪問し、経営者や幹部社員とお話する機会があります。そこで感じるのは、企業を良くしたい、成長させたいという思いや熱意は大企業と全く遜色ありません。しかし、本来の役職業務以外の雑務も含め常に実務に追われている為、経営改革手法の学習や人材育成などに時間をとることができないでいるようです。そのため、改革の思いやアイデアがあってもそれらを文書化したり、プレゼンテーションする機会も少なく、具体的な目指す姿の目標の共有ができていないようです。

私はこのような方々に対し、ITコーディネータのプロセスを通じて、改革・改善の手法を伝達することを目指しています。そして、日々の積み重ねの中で経営改革を推進し、業務の生産性の向上を実現し、最終的に企業価値を年々高めて行くことを、自分たちの力だけで実現できる企業になっていただくことが私の目標です。

IT(Information Technology:情報技術)はもはや企業活動において、なくてはならない ツール(道具)となりました。商品・サービスの企画にはじまり、開発・製造・販売・アフターサービス のどの工程でもITを活用することにより、飛躍的に生産性を高めるだけでなく、新たな価値の創造が可能になります。

しかし、一方でITを導入したがなかなか効果が出ない、費用がかかりすぎる、使いづらい、 社員が使ってくれない、という調査報告もあります。これは企業が抱える課題をあきらかにしないまま、目についた個別の問題を解決するだけのための場当たり的なIT導入が原因です。経営者の目指す姿と現実のギャップを明確にし、課題解決の為の具体的なアクションプランの一つとしてのIT活用が重要です。ITコーディネータは経営者の立場に立って、親身に企業経営の未来を見据え、IT投資を成功に導くキーパーソンの役割を果たします。

ITコーディネータの役割イメージ

ITコーディネータは、ITと経営に強いコンサルタントです。

当BIPでは、経営改革を実行し、生産性の向上、企業価値の創造を目指したいという企業に、経営戦略に基づく『IT経営の実現』を支援します。

顧客満足と従業員満足

企業理念に『顧客満足』を掲げている企業が多く見受けられますが、果たしてそれらの企業の従業員は その企業にどれだけ満足しているでしょうか?従業員が満足できなければ、顧客に満足を与える商品・サービスは 提供できません。顧客満足も従業員満足もそれを実現するための具体的な仕組みづくりが必要です。

従業員満足と顧客満足

 

当BIPでは、経営戦略に基づく業務改革・人材育成など、それぞれの分野の専門家と連携して『顧客満足 と従業員満足』の実現を支援します。

PDCAの地道な実践

企業組織の目標を達成するには、経営トップから担当者に至るすべての個人にその目標を展開し設定する ことが必要です。そして重要な点は、できる限り短い時間単位、小さな処理単位の実行計画(P)に落とし込み、 可視化することです。

可視化することにより情報共有し、実行(D)、課題抽出(C)、対策(A)までも共有することで、チーム、 組織としてのパワーが生み出されます。定型業務が中心の担当者でも組織の一員である限り必ず目標がある はずです。もっとも重要なことは上司、役職者が率先垂範して実行することです。

PDCAサイクル

 

当BIPでは、ITを活用した仕組みにより、最小限の手間で最大の効果を生む仕組み作りを支援します。

コミュニケーションのIT活用

コミュニケーションの目的は、「情報や意思の伝達」、「信頼関係の構築」の2つです。 ITやネットワークの進歩により、メールやブログなど、多様なコミュニケーションの形態が出現してきました。 しかし、これらの新しい手法は「情報の伝達」はできても、「信頼関係の構築」は困難な面があります。 信頼関係は伝達内容を対話により相互に確認しながら、場合によっては相手に対して質問や、反論し たりしながら構築していくものです。

企業内のコミュニケーションは、トップからの方針伝達や上司からの指示、またチーム内での業務報告・確認等 いろいろなパターンがあります。これらの組み合わせにより適切なコミュニケーション手段を選択する必要があり ます。

コミュニケーション

 

当BIPでは、グループウェアなどのITツールを活用しながらも、「信頼関係の構築」も考慮し、運用面を重視した仕組み作りを支援します。